医学生がなんとなく作ったブログ

医学生がなんとなく思ったことや近況報告を垂れ流しにする予定です(笑)

【弓道】弦輪の作り方

どうも、たけはちです。

今日は弓道における弦輪の作り方を写真付きで紹介します!

『最近弓道を始めたけど、この前初めて弦切れしちゃった!』『新しい弦の使い方がわからない!』という方、ぜひ読んでください!

 

 

弦輪とは?

弦輪とは弓道の弦における、輪状になっている両端部のことであり、ここを弓本体に引っ掛けることで弦を張っています。下に載ってる写真を見た方が速いと思います!

 

弦を用意する

f:id:bambooisland:20180115211133j:plain

当たり前ですね。今回は前に買ってきた「天弓弦翠」を使います。

買ってきたときの記事はこちら!↓↓↓

bambooisland.hatenablog.jp

 

弦・開封の儀

袋を開けて中の弦を1本取り出します。

f:id:bambooisland:20180115211335j:plain

これ、写真ではわかりづらいですが、1本の弦が円状に巻かれた上でテープで固定されています。このテープはすべて剥がします。この時ハサミで切ってもいいのですが、弦を傷つけないように注意が必要です。

 

すべてのテープを剥がし、巻かれている弦をのばすと片方の末端はこのようになっています。

f:id:bambooisland:20180115211628j:plain

こちらは後に弓本体の上の方に引っかかる側です。ちなみに、この弓本体の上の端っこを「末弭(うらはず)」と呼びます。そしてここで輪を作ることで、末弭に引っ掛けるための弦輪を作ります。なお、弦の両端にある弦輪のうち、末弭に引っ掛ける方の弦輪の「日輪」とも呼びます。また、日輪側はどの製品も共通して赤いようです。

 

日輪を作る方とは反対側の末端はこうなっています。

f:id:bambooisland:20180115212348j:plain

もう弦輪が作られていますね。こちらは弓本体の下の方に引っかかります。ちなみに、こちらの弦輪が引っかかるところは「本弭(もとはず)」と呼び、こちら側の弦輪は「月輪」とも呼びます。なお、月輪側の色は弦によって異なります。

販売されている弦のほとんどは月輪は作られていますので、迷ったらこちら側を参考にして日輪を作ると良いでしょう。

 

日輪を作っていく

まず、日輪を作る側の端に、手の親指の腹くらいの大きさの輪を作ります。月輪を参考にしても良いです。

次に、輪の根本で先端を一周させます。

f:id:bambooisland:20180115213213j:plain

文章での説明が圧倒的に下手……。ここまでは難しいことはしていないので、写真を見てもらえればわかるかと思います。

この時、きちんと力を入れて隙間の無いようにしておかないと、後で緩んできます。

 

次に、弦の先端部を下から裏を通してきます。

f:id:bambooisland:20180115213445j:plain

この時も同様に、しっかり力をかけないと後で緩みます。これで輪の根本に2回巻き付いた形になっているはずです。

 

次に、出てきた先端部を輪の部分によりをかけながら縄のようにもじっていきます。ここでもしっかり力を(以下略)。

f:id:bambooisland:20180115213800j:plain

こんな感じ。さっき載せた月輪の写真と似たような形になりました!

 

ここまで完成したら、一度弓に張ってみて、弦輪の大きさが適切かどうかを確認しましょう。この時、今作った日輪はもちろん、月輪も大きさが適当でない場合は作りなおします。

しかし、何度も弦輪を作っては解いてをするといたんで弦輪が緩みやすく、伸びやすくなるのでなるべく手際よく1発で作れるようになりましょう。

 

弦輪完成!

f:id:bambooisland:20180115213935j:plain

弓に弦を張った時の末弭近辺。たけはちはこのまま1日放置して、少し弦が伸びてから次の作業(中仕掛けの作成)に進みます。

 

まとめ

どうでしたか?上手く作れたでしょうか。

普段から何気なくやっている作業でも、改めて文章にして表現するのは思ったよりも難しいですね。

なお、これはたけはちが部活の先輩から教わったものなので、ここが違うよ!とか。こうするともっと良いよ!などありましたら、是非教えてください。

それでは!

にほんブログ村 その他スポーツブログ 弓道へ
にほんブログ村

↑クリックして貰えると喜びます。色々な弓道のブログが見れますよ!

追記

この本の152ページにも弦輪の作り方が詳しく載っています。

はじめての弓道: 美しい所作が身につく。心と体を鍛えて健やかにする。

はじめての弓道: 美しい所作が身につく。心と体を鍛えて健やかにする。

 

たけはちは先日、弓道の昇段審査を受けましたが、そこでも教科書として使えた本なので、弓道初心者さんには是非おすすめです!

弓道の昇段審査についてはこちらの記事をお読みください。

bambooisland.hatenablog.jp

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 弓道へ
にほんブログ村

↑クリックして貰えると喜びます。色々な弓道のブログが見れますよ!